宿題のあり方

学校の宿題、とくに計算ドリルが出ると、答えを見ながらやっているお子様はいませんか?
私たちの時代(古いいい方でごめんなさい)には、答えはすべて先生や親に預けていたものでした。
でも、今は違うようですね。
こどもはそんなに強い精神力はまだ備わっていないので、面倒くさくなると答えがあれば見てしまうでしょう。
そうなると、この宿題は意味があるのでしょうか?
結構この習慣が小学生のときについてしまって、中学生になったとき困っているこどもが多いんですよ。
とくに、男の子は要注意!
宿題を出す方もこの点は気をつけるべきだと思います。
私なら解答は渡しませんが。
まず、自分で考える、分からなかったら聞く。
これが基本です。
今の宿題のあり方、大人が考えていく課題ですね。


*教育相談・無料おためし授業実施中
お気軽にお電話(048-763-0417またはメール(yaruki@edhukei.jp)でお問い合わせください。


レイアウト


blogramランキング参加中!
学習塾ブログランキング にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 春日部情報へ にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト

Comment

Trackback

http://yarukijyuku.blog14.fc2.com/tb.php/48-312454f7